So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

映画、コミックレビュー 「エヴェレスト 神々の山嶺」(超ネタバレあり) [イベント]

山関連の映画で「エベレスト3D」に続き、邦画「エヴェレスト 神々の山嶺」を観たのですが、う~~~ん・・・というまま時が過ぎ、もやっとしたままでは嫌なので、評判のいいコミック版を大人買い♪

すっきりしたうえに感動して涙まで出たので、余りに酷評されてる映画版をフォローしたいと思います^^;

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』2016年3月12日全国ロードショー
出演:岡田准一 阿部寛 尾野真千子
ピエール瀧 甲本雅裕 風間俊介 テインレィ・ロンドゥップ 佐々木蔵之介
原作:夢枕 獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)
監督:平山秀幸  脚本:加藤正人  音楽:加古隆 主題歌:イル・ディーヴォ「喜びのシンフォニー」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
製作:「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会  
配給:東宝/アスミック・エース 
ebe.jpg

<あらすじ>
 山岳カメラマンの深町(岡田准一)は、ネパールの首都・カトマンドゥで古いカメラを発見する。それは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーは1924年にエヴェレスト初登頂に成功したのかという、登攀(とうはん)史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの行方を追う深町は、一人の男に辿り着く。孤高の天才クライマー、羽生(阿部寛)。突然日本から姿を消して消息不明だった彼が、なぜカトマンドゥにいるのか…。
 羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の生き様にのみ込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも、彼を愛し続ける女性・涼子(尾野真千子)と出会う…。二人の男と、一人の女。それぞれの運命を変える、山岳史上最大にして、最も過酷な挑戦。
己の人生を賭けて挑む“宇宙に一番近い地上”には、何が待っているのか?

映画版の感想・・・
あまり先入観情報なく観ました。俳優の阿部寛さん、岡田准一さんも好きなのでカッコイイ山映画が見れるかな~程度で。初めの方はちょっと影のありそうな深町がネパールの街並みに溶け込んでいて謎めいていてイイ感じ。エベレストの壮大さ、いきなり滑落シーンもありで山の怖さも見せつけられます。
日本で行方不明となっていた伝説のクライマー、羽生に似た謎の男。骨董屋に置かれていた古いカメラの謎。
いい感じで進行していったのですが・・・
羽生を知る女性、涼子が現れた辺りから雲行きがあやしくなってきましたよ。わかりづらいまま物語が進行していき、なぜそうなった???というシーンが続き、あれよあれよという間に視聴者は置いてけぼりに。

まず登山したことがあるのならば、その格好でエベレストは無いよねっていうドン引きから・・・
onomachi1.jpg
いくらモンベルがスポンサーだったからといっても、それは山ガールスタイルじゃないでしょうかっていう^^;;ザックも軽そうっていうかぺちゃんこだし。ハイキングみたいです。
山をなめてるとかいう意見もあり、10人に1人は死ぬというエベレストに挑むにはあまりにも軽装すぎました。

俳優さんは標高5200mの現地で撮影するために、低酸素トレーニングも行い、大変な撮影であったことは間違いないですが、その過酷さを映像で伝えるのは大変なことです。女優さんの顔を隠しまくるわけにはいかないでしょうが、せめてヘルメットや、ゴーグルや手袋、ウエアはもう少し配慮が欲しかったですね~;;

2度目のエベレスト、ベースキャンプまで行ってしまう涼子さん。
onomachi2.jpg
ニット帽子にはなりましたが、シェルパのじーちゃんと深町の帰りを待つ。エベレストに向かって何故奪うんですか~~~と泣き叫ぶ・・・大切な人、兄、羽生、深町が飲み込まれていく山に恨み節・・・
宗教観の違いかもしれませんが、なんだか薄っぺらいシーンになってしまいました。

そして単独南壁冬期無酸素登頂をやり遂げ、渾身の想いで山の神となった?羽生。
habu.jpg

ここ笑うとこじゃないですから~~~;; でもどうしてどうしてそうなった~氷づけになった羽生。阿部寛さんの人形ではなくご本人だそうです!それはすごい!
目を見開き、しっかりとした信念の塊。残された日記、深町からもらっていた食料。深町と再会、魂の対話が行われ、マロリーのフィルムがそこにあると伝えられる。

深町の答えは・・・

「どうでもいい」

が~~~~~~~~~ん!!!

この映画の評判がよろしくない原因がその一言に集約されています!台無し!マロリーが登頂していたかなどどうでもいいと言っていた羽生が、マロリーの遺体のそばにいたのは、深町の為にフィルムを確認するために立ち止まったのかもしれないのに、どうでもよくなったとはひどいのでは???

言いたいことはわからなくはないです。山岳カメラマンの深町はスクープをとるために滑落する仲間さえにもシャッターを押し続け、必死に生きてきた。しかし羽生に出会ってからというもの彼の過去を知るほどに、彼に魅せられていき、エベレストで羽生と体験した過酷さが忘れられなくなっていく。羽生が行方不明になってからも深町の空虚さはむなしく、寂しく、あの山があの男が忘れられず苦しむ。会社の為とか特ダネとかを得る生き方をどうでもいいと思っていたのでしょう。

エベレストに行ったことで価値観が変わったことはあるのかもしれませんが、その辺の心境の変化がうまく表現できていませんでした。せめて回想シーンを入れるとか、涼子に苦しさを打ち明けるとかがあってほしかったですね。

余りにも省略されていたので、気力を無くしていた深町が何故「俺は生きる!!」といってブツリとラストシーンになったのか重ね重ね残念でなりません。モヤモヤモヤモヤ・・・・・これで終わりは無いでしょう~~!
エンディング曲もオペラ調で、壮大なはずが、不幸なことに阿部寛さんのヒット作テルマエロマエが何故か連想されて、せっかくの熱演がかすんでしまうのですよね^^;

目を覆いたくなるような酷評の数々、素晴らしいキャスト、ロケーションを揃えていながら勿体無い!
そこで登場!原作版~~~♪
kamigami.jpg

羽生がなぜ登山をするようになったか、生きざまが丁寧に描かれています。深町が羽生に惹かれていく過程も、丁寧に描かれています。涼子は羽生の恋人でしたが、深町も涼子に惹かれのちに恋人同志になります。

山岳カメラマンの深町は山屋でもあり、トレーニングをしてエベレストに挑みます。羽生が戻ってこなかったときの登山は別の登山者に通報され、深町は無許可の罰金と登頂禁止を言い渡されます。

日本に戻ってからの深町は、きちんと羽生の記事を書き、認められます。その仕事で得た収入で罰金の清算を行い、長い時間をかけてシェルパへ手紙を出し協力を交渉します。深町がうなされ、悩んでいる姿を見て、涼子は行ってもいいのよと理解を示します。ようやくシェルパからOKをもらった深町は再びエベレストへ。
無事単独登頂を果たします。
kamiitadaki2.jpg

なぜ山へ登るのか?なぜ生きるのか?そんな考えさえも超越する体験が深町を包む。
そして下山の途中、マロリーの隣に鎮座する羽生と対面する。羽生の魂は生きており、羽生が記した記録や深町が渡していた食べ物がポケットに残っていることを教えられる。そしてマロリーのフィルムがあることも。

羽生の圧倒的な生き様を見せつけられ、想いを新たに下山を決意。羽生の想いも持って帰ると。コミック版の神々の世界では映画の初めで滑落した深町の仲間の二人の御霊や、羽生のパートナーだった涼子の兄の御霊もごくごく自然に登場します。迎えにきたのか?もういいか?まだだ、自分頑張ったよな?まだか?あっちいけ。そんな対話をしながら生死の狭間をさまよいます。岸(涼子兄)には素直な羽生が人間くさいです。

帰国した深町は登頂を果たした羽生の記録、その命がつきるまでの想いをきちんと記事にしていきます。そしてマロリーのフィルムをついに現像し、浮かび上がってきたものは・・・・

素敵なラストだったと思います。フィクションであり、実際には見つかっていないものですが、羽生に山の生き方があったように、深町にも山岳カメラマン、ライターとしての生き方があり、命がけで手にした確証には一生賛辞が贈られることでしょう。苦しかった自分との闘い、思い、達成感は、男の生き様として共感する方も多いのではないでしょうか。女性の私には理解はしても願望はないですけれど^^;

マロリーは言いました。どうして山に登るのか?
「そこに山があるからだ」

羽生はこうです。
DSC_0006.jpg

男性は生存本能が強いのでしょうかね?生きた証、DNAを残したい?私はよくわかりません。
羽生には実在のモデルがいたそうです。
morita.jpg

本物の山屋さんはなにかひとくせもふたくせもありそうですね~
実在の弟さんは実兄の話そのままでやってほしかったとツイッターでコメントされたようです。

映画は映画として良いところもありましたが、伝わらず残念な所がいっぱいあって惜しかったです。
監督さんは羽生と深町のラブストーリーと公式に載っていましたが、捉え方も残念でした^^;

エベレストと言えば気象、宗教的な理由やヘリが近づけないなどの理由で、今も150人くらいの遺体がそのまま残されているそうです。遺体が目印になっているなんて知らなくて、衝撃を受けました。
決して美しいだけの山ではない、人は何に魅了されるのか?色んなことを考えさせられる時間でした。



ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イオンモール旭川駅前で旭山動物園ぷち体験!? [イベント]

2015年3月27日にオープンした「イオンモール旭川駅前」に実家帰省の際行ってきました。
JR駅直結ということで旭川経済活性化の起爆剤となるか?といった商業施設ですが、思ったよりも見るところが少なかったというか、イオンはイオンでございました^^;

そんな中でちょっと面白い休憩所があったのでご紹介。旭川といえば旭山動物園ということで、ゲームコーナーの奥の休憩スペースにバーチャル旭山動物園!?がありました。
DSC_4284.JPG

動物になりきって写真を撮ろうコーナー??
DSC_4288.JPG

オラウータン~
DSC_4283.JPG

レッサーパンダ~~
DSC_4285.JPG

アザラシ~~
DSC_4287.JPG

ここで写真を撮れば、旭山動物園にも行った証拠に!
・・・・ならないですよね~(笑)もう少しリアル感が欲しいような・・・
DSC_4286.JPG

ちょっと旭川らしさをアピールなスペースでした。今後期待です。

イオンモールメンバーズカードというのを申し込んで作ったんですが、いわばポイントカードです。発行料100円かかるところが5月6日まで申し込みなら無料。駅前店内のみでしかポイントはつきませんが、特筆すべきは駐車料金1時間無料サービス!通常20分100円が300円分無料。精算機にカードをかざすだけで割引です。あとは2000円以上のお買い物で2時間無料なので最大3時間無料ってことでお得です。

後は黒岳のロープウエイが往復1950円→1700円に割引になるのがいいですね^^!
層雲峡温泉のホテル大雪と層雲閣の日帰り入浴も200円引きに♪作っといた方がお得^^!年会費や身分証明書もいらないので気軽に作れます。

駅前のデパートや商店街も立ち寄りたくなるようなイベントや、お店作り、頑張ってほしいですね~♪フードマルシェの集客がすごいんですから、やっぱり食べ物系がいいんでしょうかね[わーい(嬉しい顔)]頑張れ~旭川~♪
nice!(24)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

スノーデュアスロン北海道2015 [イベント]

今年もクロスカントリースキーとスノーバイク競技を組み合わせたトライアルレース「第2回スノーデュアスロン北海道2015」にツレが参加するということで、滝野すずらん丘陵公園に行ってきました。
P1020024.jpg

アウトドアショップ秀岳荘さんのファットバイク試乗体験コーナーもありましたが、今年は参加者も少なく天気も暴風雪警報が出ていて人もまばらでした。
P1020025.jpg

他のクロカン大会と同じ日ということもあって、なかなか参加者が集まらなかったようです。しかし少ないということは入賞のチャンス!がんばれ~~~~~!!
P1020045.jpg

テントも飛ばされそうな暴風。時折やみましたがなかなか過酷なレースとなりました。
P1020062.jpg

ゴール!入賞おめでとう!頑張った~♪
P1020065.jpg

時間があればスノーシューコースや尻滑りコーナーにも行きたかったですが、暴風雪で時間が繰り上がり早く終了することになったので、応援のみでした^^;

滝野の後は里塚温泉「ゆとり」へ。こちらは昨年リニューアルされて岩盤浴なんかもあり、館内着つきで日帰り入浴600円です。ジャグジーやサウナ、炭酸風呂など楽しめます。リラクゼーションコーナーは人でいっぱいでした。

スポーツのあとの温泉はいいですね♪←あら?今回は何も運動してなかった~^^;

ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

ボルダリングと雪まつり2015 [イベント]

アウトドアで有名な好日山荘のクライミングのお店、「グラビティリサーチ」の体験クーポンがあったので、1000円でボルダリングを体験利用してきました。
DSC_0636.jpg

色分けされていて、やさしい、難しいなど親切に書いてありますが・・・石の形が海の生き物シリーズだったり、ちょっとかわいかったです。しかし・・・身体が重い^^;腕が痛い・・・
DSC_0645.jpg

横移動するのもありました。靴がきつかったので脱いで手だけで移動^^;
DSC_0655.jpg

指の力もはいらないですし、ぶらさがることも出来ません。なんという筋力のなさ^^;これだと何度も滑落しています。無理はせず、できることからということで、3点支持と重心移動のイメージを少し練習しました。

ダイエット筋トレが必要だということを自覚しました^^;;;

1時間ほど遊んでそのあとさっぽろ雪まつりに行ってみました。
DSC_0657.jpg

春日大社
DSC_0660.jpg

まるで行ってきたかのような^^;
DSC_0664.jpg

今年は雨や気温できれいな状態を保つのが難しかったようですね。規模も小さくなりました。
DSC_0667.jpg

夜の9時過ぎに訪れましたが、フードコートが一部半額割引になっていたりお得に美味しかったです。
DSC_4087.JPG
カニ入りコーンスープホタテジャンボ豚串などを食べました♪

運動後にそれ以上のカロリー摂取・・・ああやめられない[もうやだ~(悲しい顔)]

無理せず!しかしちょっと絞ろう^^;

ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

久しぶりすぎるゲレンデスキー♪ダイナスティスキーリゾート [イベント]

今回はもう何年振りかでゲレンデスキーにチャレンジしてみることに[わーい(嬉しい顔)]リゾートといっても北広島にあるこじんまりとした市民スキー場のようです。ペアリフトが1機、シングルリフトが2機、初心者~中級者向けの山です。
DSC_4072.jpg

チケットサイトtixeeというところで割引チケットが買えました。1日券が2200円から1700円に割引。他にジンギスカン食べ放題祭りイベントが¥800で土日開催されていたんです。3月も7.8日限定であるようですね。
もう昔のスキーはとっくに処分しているので私はレンタルスキー。なんと道民割引があってスキー、ブーツ、ポールの3点で2800円でした。公式ページには載ってなかったですね。お得~♪
DSC_4068.jpg

ゴーグルやグローブ、ニット帽は山のを兼用。格好も登山時と変わりません(笑)
DSC_0623.jpg

ツレはなんとビックフットで滑ると。ポールなしですごいなぁ~~~
DSC_4071.jpg

道産子は授業でスキーがありますが、なんせ久しぶりでどれだけ滑れるのかも未知。緩やかなので弾丸滑りを目指していざいざ!GO!GO!
DSC_0630.jpg

お?おおお?まぁまぁ滑ってます(笑)
DSC_0631.jpg

お天気も良く山もきれいでしたね。リフトに乗るとちょっと寒かったです。
DSC_0624.jpg

それにしてもバーンも固めでガリガリしながら楽しかったですが、10本も滑れなかったですね^^;根性がないのか休憩したらもうちょこっと滑って終了~♪尻滑りやチューブコーナーも楽しそうだった~
DSC_4076.jpg

昔はナイターもガンガン行けたはずですが、市民スキー場のコースは短いのでちょっと物足りなかったかな。足慣らしには充分なんですが^^;バックカントリーとは別物でしょうね^^;
DSC_4077.jpg

温泉でぬくぬくするほうに軍配♪今回は北広島のクラッセホテルにある「楓楓」という温泉です。ミストサウナがいいのと、モール温泉もいいですね~。じゃらんクーポンで日帰り入浴1人600円。
DSC_4079.jpg
休憩スペースもとてもいいですね。マッサージチェアー15分で200円。イルミネーションがきれい。

食事をとれるスペースもあります。
DSC_4082.jpg

私はハーフラーメンにしました。
DSC_4083.jpg

久しぶりのスキーの感覚、楽しかったです~♪

ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

あけましておめでとうございます2015 [イベント]

新年あけましておめでとうございます♪
DSC_3942.jpg

今年も昨年同様、層雲峡温泉ホテル大雪での年越しとなりました。今朝は少し雲がかかり初日の出は難しかったようですが、時間の経過とともに青空の広がる穏やかな元旦となりました。
DSC_3935.jpg

昨年は山荘レストランの特別懐石ディナーでしたが、少々静かすぎて寂しい感じでしたので、今年はワイワイとレストランバイキングコースを選びました。
DSC_3915.jpg
見た目も豪華で素晴らしい「橋げた祝盛り」口取りなどが美しく盛られていました~

バイキングだと好きなものを好きなだけ♪食べ過ぎちゃうのが難ですが・・
DSC_3916.jpg
ステーキコーナーは賑わっていましたし美味しくておかわりも♪勝手丼までありつけずサラダデザートも控え目に。ズワイガニの身入りも良かったですし、お腹いっぱいになりました。

特設の大雪神社で参拝。黒岳の他にも大雪山系をまた安全に登山できるようお願いしました。
DSC_3930.jpg

お正月気分を満喫。ふるまい酒、もちつきやお琴演奏なども良かったです。
DSC_3929.jpg

帰宅後は自宅方面の神社にも初詣です。
DSC_3955.jpg

今年も沢山の山に登れますように。
相変わらずマイペースな更新となりますが、ブログもどうぞよろしくお願いいたします。


ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

タグ:ホテル大雪
nice!(15)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

年の瀬いろいろ [イベント]

何年振りかでカラオケに行ったんですが、まねきねこさんと弱虫ペダルのコラボ企画っていうのがあって、面白そうなので利用してみました。1月末までの企画ですね。
DSC_3890.jpg

総北ドリンク箱根学園ドリンクとかがあって注文するとコースターがもらえるという♪
menu_poster.jpg

会計時に抽選BOXのなかから引くんです^^; う~~~ん、キャラは選べないんですね。
DSC_3893.jpg
箱根学園、福富と新開くんでした♪ランチョンマットを切ったような素材です^^;
久しぶりにカラオケ♪すっきり楽しかったですね~
ありの~~ままの~~すがた~みせるのよぉ~~[カラオケ]

日本人の素晴らしい発明のお陰で美しい光がみられます
P1010668.jpg
大通公園イルミネーション

JRタワーからの夜景
P1010677.jpg
沢山の光が降り注ぎますように・・・

来年はどんな年になるのでしょうか
P1010688.jpg

いつも温かいハートを持ち続けていられたらいいですね
P1010699.jpg

今年もあとわずか。記事は今年ラストになりますが沢山のniceやコメント、訪問ありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ[揺れるハート]


ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グレートなプロアドベンチャーレーサー♪田中 陽希さん!達成おめでとうございます! [イベント]

日本百名山を人力だけで一筆書き踏破するという壮大な挑戦をやり遂げた田中陽希さん、11月26日に母校である旭川大学高校にて講演会が行われました。→旭川大学高のリンク先はこちら
20141126_05.jpg

スーツ姿は驚きですね!
20141126_04.jpg

北海道新聞社道央版11月28日の記事はこちら。

日本百名山を連続して登り、途中は徒歩やカヤックで自力で移動する「百名山一筆書き」を成し遂げた富良野市育ちの冒険家田中陽希(ようき)さん(31)の講演会が26日、母校の旭大高で開かれ、生徒約500人が先輩の冒険に耳を傾けた。旅は4月1日の屋久島から10月26日の利尻島の利尻山までの209日間7800キロ。徒歩やカヤックで自力移動しながら百名山を踏破した例は過去にないという。

 田中さんは2年前、阿蘇山などの登山をきっかけに「自然の息吹や人との出会いが新鮮で、自分を成長させたいと思った」と、一筆書き挑戦を決意。また、しけの中、9時間かけて利尻島までカヤックで渡ったことを振り返り、「自然の脅威を間近に感じた」と話した。

 旭大高時代はスキー部でクロスカントリー競技に打ち込んでいたという田中さん。後輩の生徒たちに「諦めない限り、夢や目標は実現できる。視野を広げて積極的にチャレンジしてほしい」とエールを送った(東久保逸夫)

田中さんの活動拠点群馬県での記事はこちら

tanakajomo.jpg

2014年4月1日、屋久島を出発し、10月26日に北海道利尻岳をゴール!208日と11時間で7800キロを徒歩、ランニング、カヤックだけで移動。登山をするだけでも凄いし、標準コースタイムの半分以下で駆け上がり、駆け下りる。強靭な体力、精神力、協力者があってこその達成でしょうね。素晴らしいです。本当にすごいです!!

田中さんの登山装備一部(2014年6月下旬、北アルプス後半からの装備)
201407_main.jpg

201407_number.jpg
1.小物入れ(足腰守り付き)
2.ザック(52リットル)
3.キャップ
4.日本百名山の書
5.衣類・防寒着
6.アイゼン
7.ピッケル
8.ヘッドランプ
9.登山靴
10.調理器具
11.ヘルメット
12.テント
13.カメラ類(防水デジカメ、360度カメラ、ビデオカメラ)
14.サプリメント
15.食料(フリーズドライ)
16.地図
17.テープ
18.衛生用品(コンタクトレンズ、常備薬など)
19.ラジオ、充電機器
20.ゲイター
21.トレッキングポール

第1集から再放送などで見てみましたが、トレランシューズが主体だったり、カメラも色々変わったりしていました。スポンサーなのかノースフェイスのジャケット類が多かったですね。

挑戦の密着取材番組はNHKの「グレートトラバース~日本百名山一筆書き踏破~」です。リンクはこちらから。

22日の放送が、地震により途中で中止となったため、改めて下記の時間に放送することになりました。
11月29日(土)午後9時00分 [BSプレミアム]
<再放送>
第5集「最終回 7800km完全踏破へ!東北~北海道24座を巡る」
12月7日(日)午後1時00分 [BSプレミアム]

北海道は百名山が9山ありました。旭岳、十勝岳、羊蹄山、雌阿寒岳、幌尻岳、斜里岳、羅臼岳、トムラウシ山、そして利尻岳です。私はこのうち5つの山に登頂しましたが、残りの山は難しい山ばかりです^^;いつかはチャレンジしてみたいですね♪

もともとカヤックのプロチームに所属していて、世界で戦ってきたという田中陽希さんですが、実家が北海道富良野で高校は旭川だったなんて、とても親しみを感じます♪ユーモアもありますし、イラストも上手ですし、コミュニケーション能力が素晴らしい。「初めまして、田中と申します」と色々な山で挨拶されていた姿が印象的ですね。聞き取りやすい声もいいです。今後も講演会や次の冒険プランなどを構想されているのでしょうね。

プロレーサーとしての活躍ブログ群馬でのアウトドアスタッフとしてのブログや、個人ブログなど、田中陽希さんという人はとても魅力的な方です。今回の偉業達成本当におめでとうございます!
blog_20141026_7.jpg

ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

タグ:田中陽希
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

舞台『弱虫ペダル 箱根学園篇 ~野獣覚醒~』ライブビューイング参加♪ [イベント]

ツレのロードバイクの影響で、ロードバイクを題材にしたアニメ「弱虫ペダル」をコミック、TV放映ともに見ているんですが、今回、チケットがなかなか入手できない毎回話題の「舞台弱虫ペダル」のライブビューイングが初めて行われるということで、札幌シネマフロンティアで参加してきました♪
M.jpg

舞台弱虫ペダルは派手な演出はありませんが、俳優さんの熱演でかなりアニメストーリーに忠実に再現されていて、初めはえっ^^;って思うかもしれませんが、見るほどに引き込まれるエンターテイメントになっています。(画像はネットで拾い物です)
32573.jpg

舞台弱虫ペダルは今回が5作品目の公演。毎回東京大阪あたりでしか開演されないのですが、チケットの入手も難しく発売後即完売の知る人ぞ知る公演でした。今回は東京六本木ブルーシアターでの千秋楽公演が全国36の映画館と台湾で生中継されるという初の試みとなり、約2万人の方が参加されたようです♪
5452365f00a6e.jpg

今回の主役は王者箱根学園のアシスト、荒北靖友。ツレの好きなキャラクターです♪
images.jpg
怪我で野球部を挫折したヤンキーが、原チャリよりも速いロードバイクに興味を持ち、過酷な練習をこなしてやがて野獣と化し、ロードレースの名門王者箱根学園高校自転車競技部で大きな力を発揮していくストーリー。

シネマフロンティアでは沢山の女子高校生と思われる女子がいっぱい。ルパン三世でも見るのかな?とツレと話していたら、弱虫ペダルのビューイングアナウンスが入るとワラワラ入っていくではありませんか!???私は・・・・大きく勘違いをしておりました^^;場違い?男性はほとんどいません。ツレを含めて2人くらい?ええええ~っ!?
舞台弱虫ペダル関連のサイトを探っていくと判明しました。

今回あの荒北を演じるのは初回からですが鈴木拡樹さん。
arakita.jpg
超絶イケメンじゃないですか^^;

女子たちはひろき君がどうたらこうたらと、舞台をみるというより、俳優目当ての人がほとんどみたいです。ライダーシリーズにも出演したことのある俳優さん。他の俳優さんも色々活躍されている人ばかり。今回は出ませんでしたが今泉君役の太田 基裕さんなども超イケメンで親衛隊もあるとか^^;
imaizumi.jpg

なるほどねぇ・・・素顔のキャストたち。イケメン勢ぞろい~1人演出家もまじってますが(笑)
yowamushi0326.jpg

な、なんかとても勘違いをしていたようで、ロードが好きで見に来ている男性はまったく見受けられませんでした^^;ツレ、ごめんよ~~(笑)まぁ一度見ればいいですかね^^;

ライブビューイング自体初めてのことで、映像で見るのに料金も高いわねと思いましたが(eプラスチケットで手数料込で1枚¥4334)、大きな画面で俳優さんの表情も舞台全体も大きく見れますし、俳優さんも今回初のライブビューイングということで、気を使ってトークしてくれていました。場内ラストでサイリウムを振っている人もいましたし、拍手もありでプチライブ感ありでした。今回多くの人が見られたことで、次回作インターハイ編のラストも大いに盛り上がるんじゃないでしょうか?

今回座席埋まり具合は7割くらいで結構空席もありました。入手のプレオーダー当選チケットも後ろの方で、まぁ一番後ろでもQ列17列目で見やすいんですが、前方が空いているのが目立ちました。シネマ5は全541席です。e+の手数料はともかく、システム利用料やコンビニでの発券料が別にかかるというのもいまいち不服ですね^^;なんの手数料なんだっていう・・

今回の公演にあわせて、NTTDoCoMoのdアニメで過去4作品の舞台弱虫ペダルの無料配信が10月末までありました。DVDも高額ですし、レンタルはいつまでたっても貸し出し中で見れなかったので、無料配信はお得で有難かったです♪そして内容も面白かったです。インターハイ編3日目も楽しみです♪

舞台弱虫ペダルの公式サイトはこちらから
201410pedal.jpg



ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

オータムビアフェスト2014inサッポロファクトリー [イベント]

ビールの本場ドイツのオクトーバーフェストをお手本にしたビールのお祭り、「オータムビヤフェスト2014inサッポロファクトリー」に行ってきました。今年で3回目だそうです。
DSC_3608.JPG

オータムビヤフェスト特別メニュー「オータムプレート」 1,000円はスペアリブやソーセージの盛り合わせ。ベーコンセットも特設コーナーでオーダー出来ました。
DSC_3609.JPG

オータムビヤフェストオリジナルビール「さっぽろミュンヒナー」(400円)や、北海道では飲めないエリア限定ビール「プレミアムホワイト白穂乃香」(400円)が登場。エビスプレミアムブラックやエーデルピルスなども。サッポロ生ビール黒ラベル、サッポロクラシックが1杯200円でしたがクラシックは売り切れ~
DSC_3610.JPG

ビンゴゲームも楽しかった。なかなかビンゴにならず。惜しかった~
DSC_3606.JPG

ビアガーデンのワイワイした雰囲気が良かったです。他にはクレープ屋さんでクレープ全品290円とかもお得でした~

ベーコンといえば、先週は千歳ハムの5周年イベントにも行ってきました。先着1000名にスモークレッグが無料でもらえるということで、しっかり並びました♪美味しかった~
DSC_3566.JPG
ベーコンブロックも1g1円セールで、品切れだったんですがちょうど再入荷して買えました♪千歳高校とのコラボ商品ほうれん草やニンジンのウインナーを挟んだホットドックも美味しかったです♪

は~~~脂肪、脂肪^^;

ファクトリーでは好日山荘、モンベルもはいっているので、またまたゆっくり物色、購入品はまた別にレポします♪

ブログランキング、山ガール参加中♪
ぽちっと応援いただくと嬉しいです♪


山ガール ブログランキングへ

nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。